沿革

沿革

会社概要/沿革

沿革

以下敬称略
1959年
京都にて個人創業 藤堂SSの自動販売機・コインメカ開発、繊維機械、部品加工対応
1960年
新日本電気(現日本電気)の真空管 他デバイス関係試作、部品加工対応
藤堂SS、ニチデン機械(現キャノンマシナリー)対応  立石電機(現オムロン)自動販売機、自動改札機対応
三菱重工、精密部品加工対応
1965年
株式会社に変更
1970年
ニチコンの要請でメタライズドフィルムコンデンサ(MF)用巻取機開発
松下精密キャパシタにMFコンデンサ用巻取機 大量納入 
NEC多摩川の要請でマイラーコンデンサ用巻取機開発 NEC山梨にマイラーコンデンサ用巻取機 大量納入
MFコンデンサ用3軸ローター型巻取機開発
1975年
巻取機100台出荷記念台湾研修旅行 (以後研修旅行継続実施)
信英電子(現ルビコン電子)にマイラーコンデンサ用巻取機 大量納入
1978年
滋賀工場設立 エルナーの要請で3年越しにオーディオ用多端子大型電解コンデンサ用巻取機を開発、
端子付きコンデンサやLi-ion電池用巻取機の基礎となる。
1980年
太陽通信工業(現タイツウ)の要請で高圧MFコンデンサ巻取機開発
1985年
滋賀工場1次増築
丸型Li-ion電池用巻取機開発
マルコン電子(現日本ケミコン)の要請で積層MFコンデンサ用巻取機開発
東洋インキ、日本曲面印刷の要請、協力でCDオフセット印刷機開発
1988年
滋賀工場2次増築
瀬田研修所(クラブハウス)竣工
1990年
ニチコン、日本ケミコン、日立AICの要請で超大型電解コンデンサ用巻取機開発
電解コンデンサ用無人化巻取機開発(材料自動交換開発)
MFコンデンサ用無人化巻取機開発
角形Li-ion電池用巻取機開発
2000年
滋賀工場3次増設
クリーンルーム新設
装置出荷台数 4,000台達成
2005年
滋賀工場新棟竣工(大型設備生産工場)
2008年
ドライルーム(クリーン環境)を大型設備生産工場内に新設
2009年
創業50周年記念台湾研修旅行
2010年
ISO9001適合認証を取得
2011年
ISO14001適合認証を取得
2012年
瀬田工場用地を取得
2015年
瀬田工場量産本格稼働